壱福堂のこだわり

平飼いとは

壱福堂では自社で飼育している平飼いの鶏の卵を使用して、お菓子を作っています。
平飼いとは平たい地面に放して飼われる養鶏方法です。
平飼いでは鶏は地面を自由に動き回ることが出来ます。良く運動する事で健康になるのは人間も鶏も同じなのです。
ストレスなくのびのびと育った鶏が産む卵は良質の安心安全の卵になります。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

卵のおはなし

採れる卵の黄身は、レモンイエローの色をしており一般に流通している卵と比べると色が薄くなっております。
その理由として餌に主として自家製のお米や野菜を食べさせていることにあります。
「黄身の色が濃い=濃厚で栄養価が高い」と思われがちですがそんな事はないのです。
黄身の色を濃いオレンジにしたければ、パプリカの粉末やマリーゴールド系の着色料、化学合成着色料を与えればいいのですが、これらには輸入飼料の残留農薬や防腐剤の心配があり、そういった餌を与えてはおりません。
また、卵を購入したお客様には生で食べても臭みがなく美味しいと好評を頂いております。

自家栽培の農作物を使って


人気商品の一つである大福のもち米粉も自家栽培のもち米「こがねもち」を使用しております。
ほか、季節限定で自家栽培の菅谷地区でとれるカボチャやくるみを使ったお菓子も販売しております。
壱福堂のお菓子は、使用する材料にこだわって作り上げています。

店名の「いっぷく」には、一息つきたいときやほっこりしたい時に食べたいと思ってもらえるようなお菓子作りを目指してる所からきています。
店舗は新発田市菅谷地区で営業しており、山の中にあるお店なのでドライブがてら美味しい自然の空気を楽しみながらご来店下さい。

 

店舗概要